商品カテゴリから探す

カタログのページから探す

メーカー・ブランドから探す

各種サービス

価格改定のご案内

フィード運営サイト

みなさまのご意見・ご要望

新規お取引先募集

ファームプレス

獣医精神薬理学

獣医精神薬理学

動物の精神疾患や異常行動の治療など臨床現場ですぐに役立つように書かれています。

主な内容
精神病や行動異常の病態生理の学説を整理・解説し、各章において薬群の作用機序を述べたうえで個々の薬についての臨床使用法を記載。多くの症例報告を引用し、臨床現場に即した内容になっています。
●著者:Sharon L・Crowell-Davis、Thomas Murray
●監訳:小久江 栄一
●A4判(210×297mm)
●264頁
目 次
第1章:序論
第2章:アミノ酸神経伝達物質(グルタミン酸塩、GABA)とベンゾジアゼピン系薬の薬理学
第3章:ベンゾジアゼピン系薬物
第4章:生体内アミン神経伝達物質:セロトニン
第5章:選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)
第6章:アザピロン類
第7章:生体アミン伝達物質:アセチルコリン、ノルエピネフリン、ドパミン
第8章:モノアミン酸化酵素阻害薬
第9章:抗精神病薬
第10章:中枢神経興奮薬
第11章:三環系抗うつ薬
第12章:内因性オピオイドペプチド
第13章:オピオイドとオピオイド拮抗薬
第14章:ホルモン
第15章:併用療法


VETカタログ 558ページ掲載

全ての詳細情報を見る

アイコン説明を見る

商品コード 商品名 販売価格 注文 発送
4085770
獣医精神薬理学

単価: ¥18,000
(税込¥19,440)
数量
12月上旬
入数 1冊
 
 
PAGETOP